れのなび

マムシに噛まれる→前十字靭帯断絶→リウマチ治療中と
病院通いが絶えないJRT。
田舎暮らしのせいか、ジャックらしからぬ『おっとり』サンです

薬飲んで、安静にして、ゴハン控えめにしなきゃ!・・・な生活中。
が、外派だけは、どうにもならず
でも、ほとんどゲージにはしなかったらしい。
ゲージ清掃時に、床に移動させるとしていたそうです。
09 (5)
仕方なく、空き地でTIME。


すると・・・
散歩したがり病がデマシタ。
09 (11)
「お散歩行くよ!!」



なので、『大甘オジサン』改め『激甘オジサン』
抱っこ付き散歩運動 実施中
09 (6)
09 (12)
   「何か問題でも???」

い、いえ別に~~~。(なぜか視線が怖いような?)
レノ ちょっと性格変わったのかしらん

時はいつも通り『天使』なのになぁ。
(スミマセン、バカです)
11 (1)






br_decobanner_20100511203120GWの快晴のお陰で
イチゴが出来ました。

術後の経過を聞きに、病院へ。
03


ちょうど今日 足の抜糸をしたそうです。
「しばらく自宅で安静に出来るなら。」との条件付きですが
めでたく退院することが出来ました。
08 (14)


院長先生より。

     「抜糸が相当嬉しいみたいで、はしゃいでましたよ。」

     「とっても前向きなコなので、治療もやりやすかったですよ。」


                       
急な入院・手術となって、16日ぶりの帰宅です。
の中では、いろいろな事が珍しいようで
窓から外をキョロキョロ&鼻をクンクン。
08(20)
08 (19)
慣れない入院生活。
相当疲れていたようで、お水をゴクゴク飲んだ後、すぐに

頑張ったね、お疲れサマ


沢山の励ましコメント ありがとうございます。
しばらくは安静ですが、レノが帰って来てくれて、再び我が家も明るくなりました。


に、今日行って来ました。
07 (9)

入院しているペット達の部屋に入ると
3本足ながら、レノが立ってこっちを見ています
近づくとシッポを振って、ゲージに顔を近づけてきました。
「レノ~ 頑張ったね!」と網越しに指を入れると、頭をすりつけてきます。

手術直後は、麻酔の影響もあったようで
震えていたり、声を掛けてもほとんど反応がなく・・・。
すっかり落ち込んでしまった私達

ちょっと痩せたように見えたけれど、点滴を受けながらも
必死に私達に元気な姿を見せてくれているようでした。

看護士サンに了解を頂き、少しだけオヤツをあげました。
とっても嬉しそうで、あっという間に完食。
普段だったら、何気ない姿なのでしょうが、今日は涙が出ちゃいました。
06 (48)

急な入院から6日目。
レノのいないは静かでさみしく・・・。

すっかり暗くなってしまった我が家でしたが、
多くの皆さんに励ましやお見舞いコメ&メールを頂き
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました

今迄、室内は自由に過ごしていたレノ。
退院後しばらくは、安静にしなければなりません。

まだ退院の日にちはハッキリしませんが、今日部屋の模様替えをして
リビングにレノ居住スペースをつくりました。
29



↑このページのトップヘ